チャート指標の「ローソク足」について

チャート指標の「ローソク足」について

『バイナリーオプションの勝率を上げる方法』で登場したテクニカル分析。
ここではもうちょっとだけ基本的なことをお話したいと思います。

テクニカル分析では「チャート指標」という為替変動をグラフ状で表記したものを必ず見なくてはいけません。
チャート指標は、青と赤の2色の棒がうねうねと動いてませんか?
この棒が「ローソク足」と言われるもので、まずはこれを覚えてみましょう。

チャート指標には青と赤の長方形に線がピョロリと出ていますよね。
形状がローソクに似てるので、ローソク足という名称がついています。

「始値(はじめね)」が為替相場で取引が開始された後、一番始めに約定された価格を表します。
そして「終値(おわりね)」はその日の取引終了時点の価格のことを表します。

「高値(たかね)」は取引で一定の期間中についた最も高い価格のことを表し、
「安値(やすね)」は取引で一定の期間中についた最も低い価格のことを表します。

ローソク足にはこれだけの情報が入っているわけで、、、
単体で見る人もいれば、全体の並び方を見て売買のタイミングを見計らう人もいますね。

ちょっと上級者向けだとは思いますが、これを覚えておくと投資がもっと楽しめるはずです。
いきなり覚えなくては良いので、頭の片隅にでも置いておいてください。

バイナリーオプションの勝率

新着記事

利用規約